中東の定義とは?どこからが中東?

中東とは一般に、インドより西における、アフガニスタン以外の西アジアと、アフリカ北東部の総称のことを指します。

 

中東の国々:アラブ首長国連邦 (UAE)、イエメン、イスラエル、イラク、イラン、エジプト、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、シリア、トルコ、バーレーン、ヨルダン、レバノンの諸国、及びパレスチナ自治政府の管轄地域

 

近年はあまり使われませんが、場合によっては中近東、近東などとも呼びます。

 

ただ主に文化や政治的な一体性を基準にした国際政治学上の地理区分で、実はそこまで厳密な定義はないんですよね。

 

国や立場によって定義は異なっており、ある特定の地域を指し示す言葉ではないのです。

 

例えば日本の外務省は、エジプトなどのアフリカ北東部の国々は、あくまでアフリカに分類し、中東に含めていません。

 

「中東」の由来

中東というのは19世紀以降イギリスの帝国主義時代に生まれた概念です。

 

イギリスにから見て極めて遠い東方地域(極東)と、近い東方地域(近東)の間に位置する地域【イラン、アフガニスタンとその周辺の国々】が中東と呼ばれるようになりました。

 

しかし現在では中東を近東と区別することも少なくなり、近東とされた地域も中東と呼ぶのが一般的です。