中東の気候的特徴は?全て砂漠じゃない!

アラビア半島を巨大な長靴に見立てた場合、爪先に相当する部分を北回帰線(北緯23.5度の緯線)が通過します。この北回帰線の周辺は乾燥気候地域で、中東の広い地域を支配しています。

 

乾燥気候地域の特徴

  • 乾燥気候帯では雨がめったに降らず、砂漠が広い面積を占めています。
  • 夏は最高50度まで上がる地域もある一方で、冬は氷点下まで下がり、雪が積もるような地域もあるなど、寒暖差があるのが特徴です。
  • 遊牧のほか、乾燥農法やオアシス農業により小麦、オレンジ類、ナツメヤシなどの栽培生産がさかんに行われています。
  • 年間通して強い季節風が吹いていて、時期によっては視界が非常に悪くなります。
  • 東アジアを湿潤アジアと呼ぶ場合がありますが、西アジア(中東)は乾燥アジアと呼ばれることがあります。

 

乾燥気候地域だけではない

中東全土が乾燥気候地域というわけではありません。カスピ海南部を通る、北緯40度線の地域は温帯気候地域にあたり、乾燥気候地域に次いで広い面積を占めています。温帯気候中の中でも、地中海沿岸からカスピ海南部にかけては地中海性気候が支配的です。

 

地中海性気候地域の特徴

  • 地中海性気候は年間通して高温多湿で気温の変化が少ないのが特徴です。
  • 地中海性気候を活かした農耕(地中海式農業など)により、小麦、ナツメヤシ、オリーブ、オレンジ類などの栽培生産がさかんです。