アジアの区分と国家一覧

「アジアの知恵袋」ではアジアに関する、歴史・地理・気候・社会・経済など幅広い情報をまとめています。

 

アジアは日本が属する地域であり、その為アジアの国々と政治的・文化的・歴史的の関係性は非常に強いです。

 

アジアに関する情報は学業やビジネスの上で役立つ場面は多いでしょう。

アジアの定義とは

アジアとは、世界を

 

  • アジア(亜州)
  • ヨーロッパ(欧州)
  • アフリカ(阿州)
  • 北アメリカ(北米)
  • 南アメリカ(南米)
  • オセアニア(大洋州)

 

という6つの領域(大州)に分けた場合の1州です。

 

さらにわかりやすく言えば、ヨーロッパを除くユーラシア大陸全般のことであり、ユーラシア大陸の80%を占める地域がアジアとなります。

 

世界人口の約60%が集中しており、6大州のうち最も広い面積で、最多の人口を抱える地域でもあります。

 

名前の由来から定義を考える

「アジア」というのは、古代ギリシア時代、ヨーロッパ人が住んでいた地中海沿岸から見て東方を指す言葉でした。

 

この時代のヨーロッパ人に見られる「世界」は所詮地中海沿岸周辺でしかありません。なのでそこを中心に世界をざっくり以下のように定めていました。

 

  • ヨーロッパ…地中海沿岸の北岸の地域。
  • アフリカ…地中海沿岸の南岸の地域。
  • アジア…地中海沿岸の東岸の地域。

 

そしてヨーロッパ人が世界に進出するにつれ、ヨーロッパ/アフリカ/アジア各地域に属する範囲が拡大していき、ヨーロッパを除くユーラシア大陸全般の地域をアジアと呼ぶようになったのです。

 

アジアの定義は曖昧

ただアジアの地理的境界は不明瞭な部分があります。

 

例えばアフリカという地域にはスエズ地峡というわかりやすい地理的境界線があるのですが、アジアにはそういった境界がありません。

 

その為地理的特徴だけでなく、人種や民族構成、文化の傾向も加味してアジアに区分される傾向が強いのですが、

 

それでも国や組織などその立場によって、アジアの範囲認識は異なっています。

 

立場によるアジア定義の違い

国連:ヨーロッパを除くユーラシア大陸全般地域をアジアと定義。
ヨーロッパ諸国:トルコ以東の地域をアジアと定義。
アラブ諸国:東南アジアおよび東アジアの地域をアジアと定義。
日本:東南アジアまたは東アジアをアジアと定義。

 

アジアの区分とそれぞれに属する国家

国連やヨーロッパのように非常に広い範囲をアジアとする見方を採用する場合、地理や人種、民族的観点から、

 

  • 東アジア(極東)
  • 東南アジア
  • 南アジア
  • 北アジア
  • 中央アジア
  • 西アジア(中東・近東)

 

のようにさらに細分化してアジア地域をとらえています。

 

それぞれの地域に属する国家は以下の色分け地図を参考にしてください。

 

asia-bunrui

<クリックで拡大>

 

このように地域を細かく分けることで、地域ごとに人種や民族による連帯意識が生まれ、政治的にも安定しやすくするという効果があるといわれています。

更新履歴