アジアの気候的特徴は?

アジアはユーラシア大陸の大半を占める地域です。非常に広い範囲で地域で気候は異なりますので、東アジア(極東)/東南アジア/南アジア/北アジア/中央アジア/西アジア(中東・近東)に分けて気候的特徴を解説したいと思います。

 

東アジア(極東)

季節風(モンスーン)による影響で、冬は寒くて乾燥し、夏は暑くて湿度が高く、雨が多いという特徴があります。夏には海から湿った風がくるので雨が多くなるのです。

分布地域:日本、中国、韓国など。

 

東南アジア

大部分が熱帯気候で、平均気温が25度程度と年間半袖で過ごせる気候となっています。雨期乾期がはっきりしている地域が多く、雨期には急な雷雨やスコールが見られます。

 

分布地域:インドネシア、フィリピン、ベトナムなど。

 

南アジア

季節風(モンスーン)の影響で雨期と乾期がはっきりしています。北の方は4〜6月は45度を超えることもあるほどの酷暑ですが、12月中旬〜1月下旬の冬季はそれなりに冷え込みます。南の方は年中暑いですが、北の夏季ほどの暑さはなく、年間通して気温差が少ない気候といえます。

 

分布地域:インド、スリランカ、ネパールなど。

 

北アジア

アジアの中でも高緯度地域なので、冷帯に属する地域が多いです。基本的に大部分は大陸性気候に支配されており、冬の寒さが際立ちます。つまり気温の年較差が大きく、東にいくほどその傾向が顕著です。

 

分布地域:モンゴル、ロシアなど。

 

中東(西アジア・中央アジア)

中東は広く地形的変化に富む地域ですので、夏に50度越えを記録する地域、冬に氷点下まで下がる地域などなど、地域によって様々な特徴をみせます。ただ全体としては暑くて乾燥しているのが特徴といえるでしょう。内陸部は寒暖の差が激しく、沿岸部は年間通して高温多湿で気温差が少ないです。

 

分布地域:アフガニスタン、イラン、カタールなど。

 

かなりざっくりと分けましたが、これは各地方ごとの平均的な気候です。例えば同じ東アジアでも、地域による緯度経度・地形的特徴によっても、気候は異なっていますので、細かい違いは各地の気候で検索して調べて見て頂ければ幸いです。