中東の宗教の割合は?

中東は世界の三大宗教である、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教が誕生した地です。宗教の歴史を考える上で避けては通れない地域ですね。

 

中東で主流な宗教

中東地域は伝統的にイスラム教が中心であり、国民の大半がムスリム=イスラム教の信徒です。

 

中には法律としてイスラム教を国教として定め、他の宗教の崇拝を禁じている国もあります。

 

中東にはイスラム教の聖都メッカメディナが存在し、世界中から巡礼者を受け入れています。

 

アラブ人=ムスリム?

基本的にアラブ人が多数派を占める国=ムスリムが圧倒的多数派を占めていると思ってもらっていいのですが、

 

レバノンはアラブ諸国では珍しく、キリスト教が強い国です。レバノンの人口の95%はアラブ人ですが、国民の40%はキリスト教の信者で、イスラム教と拮抗しています。

 

その他の宗教

中東でも非アラブ語圏ではユダヤ教やキリスト教が優勢で、例えばイスラエルは8割近くがユダヤ教を信仰しています。

 

これはイスラエルが、アラブ諸国(イスラム教圏)との対立で起こった第一次中東戦争に勝利した結果誕生した国だからです。