中東の山一覧:神話との関係も

中東にある有名な山を紹介しています。登山や地理の勉強にお役立てください。

 

ダマーヴァンド山

イランにある標高5610mの火山です。イラン最高峰かつアジアで最も高い火山として知られています。数々の伝説や神話を持ち、地元では特別な場所とされています。

 

ネムルト山

トルコにある世界遺産に登録されている山です。王の座像、鷲やライオンといった動物の像、ギリシャ神話やペルシャ神話の神々の像など、古代に作られて人工物があります。

 

ティリチミール

パキスタンにある標高7708mの山です。ヒンドゥークシュ山脈の最高峰です。パキスタンの山ですが、アフガニスタンからも見ることができます。山の上には精霊や悪魔、魔女、幼生がおり、昇ることができないという伝説があります。実際この山は登頂難易度が高いといわれる山で、毎年のように犠牲になる登山者が出てきます。

 

ノシャック

アフガニスタンのバダフシャーン州にある標高7492mの山です。ヒンドゥークシュ山脈の山であり、山脈中ではティリチミール(7708m)に次いで2番目、アフガニスタンでは最高峰の山です。

 

ナビー・シュアイブ山

イエメンにある標高3666mの山です。アラビア半島で最高峰です。

 

メロン山

イスラエルにある標高1208mの山です。イスラエル最高峰です。ユダヤ教に縁深い山で、重要な場所とされています。一部は自然保護区に指定されています。

 

シェーハ・ダー山

イラクにある標高3611mの山です。イラク最高峰です。

 

ヘルモン山

レバノンとシリアの国境にある標高2814mの山です。アンチレバノン山脈最高峰の山でもあります。ヘルモン山の高地は、カナン人により宗教儀礼に用いられました。

 

クルナ・アッサウダー山

レバノンにある標高3088mの山です。レバノン山脈最高峰です。その高い標高により雪が積もることから、「白」を表す「アバン」がレバノンの語源になりました。レバノン山脈の1800m以上の地点は、1年のうち4ヶ月は雪が積もり、2500m以上では半年も雪が積もっています。