中東では英語が通じるの?フランス語のが通じる?

中東では英語が通じるの?フランス語のが通じる?

 

中東においてはアラビア語の話者人口が最多です。その為アラビア語が話せるのが一番の理想ですが、日本でアラビア語が得意という人はそう多くないと思います。

 

英語が話せたとしても、中東で英語を公用語としている国はないので、そこら辺の人に話しかけても話が通じない可能性が高いでしょう。

 

しかし外国人観光客が多いような場所なら、英語を話せる人は少なくないので、困ったことがあれば簡単なアラビア語さえ抑えておけば、親切な人が英語の話せる人を連れてきてくれます。

 

 

エジプトやヨルダン、湾岸諸国(サウジ、カタールなど)は比較的英語が通じる国です。


 

英語よりもフランス語

中東にはかつてフランスに支配されていた国が多いですので、英語よりフランス語が通じる国のほうが多いです。

 

いずれにせよ、中東では貧困でろくに教育を受けられない子供も多いので、英語やフランス語など第二言語を話せるような人はインテリ層や出稼ぎに来ている外国人が中心です。

 

その為途上国で外国人が多くないような国では英語にしろフランス語にしろ、通じないことが多い思ってください。