アジアで食べられる主食とは?

食事は「主食」と「副食」で構成されている、という考え方は主にアジアで根強いものです。

 

主食は活動の主なエネルギー源として選ばれる食べ物で、その種類は国や地域によって米・芋・トウモロコシ・パンなど様々です。

 

基本的にその土地で栽培するのに最も適した作物が主食として選ばれる傾向にあります。

 

東アジアの主食

日本

日本の気候(温暖で多雨)では稲が豊富に採れることから、古くからお米が主食として食べられています。

 

中国

中国における主食には、長江以北は小麦粉、以南は米が主に食べられています。米の場合は炊いてご飯にし、小麦の場合は饅頭や麺にします。

 

韓国

日本同様、韓国の主食はお米です。韓国の場合スープ料理が根強いこともあり、クッパのようなスープと飯を組み合わせた料理として出されることも多いです。

 

モンゴル

主食として小麦や米が食べられますが、モンゴル人は野菜をあまり食べず肉が主食並みの量を占めている場合も多いです。

 

東南アジアの主食

東南アジアの多くの地域では、米を主食にしています。しかし米の種類は日本で主流のジャポニカ米ではなく、タイ米と呼ばれる細長い形のインディカ米が主流です。

 

南アジアの主食

インド

インドの主食といえば南インドなら米、北インドなら小麦粉で作ったチャパティと呼ばれるパン料理が食べられる傾向にあります。

 

アジアで食べられる主食とは?

インドの主食といったらナンを思い浮かべる人が多そうです。しかしナンというのは一般家庭にはそうそうない土釜を用いて作るので、インド人でも毎日毎日食べているわけではありません。